経験を活かす

「ヤマト運輸の仕事はキツイ」とクロネコを退職した「43歳ドライバー」の話

投稿日:2017年6月4日 更新日:

クロネコヤマトはキツイ

【43歳・既婚SDの退職理由】

  • 「仕事がきつくて体が持たない」
  • 「家族手当が無いと給料が低すぎる」
  • 「ヤマトより給料がいい仕事が見つかった」

【転職先】

  • 大型トラック運転手

ヤマト運輸を退職することになった同期の事を書きます。

 

彼と私は新人研修から3年の付き合いで、仕事の悩み、プライベートのことなどなんでも打ち明けられる存在で、最高の仲間でした。

しかし、そんな仲間の彼が2017年のある日、「ヤマトを辞める」と突然連絡してきたのです。

 

※退職理由は最初に書いた通りで、「業務量の割りに給料が低すぎる」というのが一番の理由。

 

以下は退職したSDのプロフィールです。

【退職したSDのプロフィール】

  • 年齢43歳
  • 子供はいない
  • とにかくプラス思考
  • チワワを2匹飼っている
  • ビールより日本酒が好き
  • 奥さんとマンションで二人暮らし
  • ヤマトは仕事の割りに給料が少ないといっている

以降は、「どんなに仕事がキツくても絶対に辞めないだろう」と思えるほどのプラス思考人間が、なぜ退職を決断したのかを詳しく記載していきます。

スポンサードリンク


同期がヤマト運輸を退職した理由

40代で辞めた理由

常に前向きな行動が見られた彼ですが、最近は「マジできつい・・・。もう限界超えてる」と宅配ドライバーの仕事が辛くなってきたということを私に話すようになりました。

その理由を改めて聞くと、給料以外の不満も多数あったことも浮き彫りになってきます。

【この項目の概要】

  • 体を大切にしたい
  • お盆も正月もない
  • プラス思考でもテンパるほどの物量
  • 給料が少ない

体を大切にしたいという想い

体が大切。40歳過ぎには無理

一番大切なのは「体だ」と言っていました。

 

  • もっと体を大切にしたい
  • 40歳を過ぎてできる仕事ではない
  • 子供がいないと給料が安いのが許せない

 

このように体と給料のバランスに対しての不満が大きくなったようです。

扶養手当が無い分、『子持ちドライバー』と同等の給料を稼ぐためには、以下の方法しかありません。

  • 集荷数 or 配達個数を増やす

 

しかし40歳を過ぎると1日休んだくらいで疲れは取れません。

疲れが取れない状態で配達を繰り返し、体にガタが来ていることを彼は感じ、退職を決意したというわけです。

 

仲間が仕事場を去るのは本当にさびしいですが、繋がりがなくなった訳じゃないので、これからも連絡は取り合っていこうと思います。

お盆も正月も仕事にウンザリ

365日営業

仕事柄土日休みや正月なんてありません。帰宅時間はほぼ21時を過ぎます。

 

他の不満点は・・・。

  • 帰って寝るだけ
  • 飲み会すらいけない
  • 頑張りを認めてくれない

 

酒好きの彼にとって飲み会に行けないのは大きなストレスでした。

ストレスが原因か、休日に食事に誘うと「ドライバー職がきつくて・・・」と愚痴ばかり言うようになってしまいました。

愚痴っていると気が楽になるようですが、仕事が始まるとまたいつもの状況に戻るため、気力もなくなってしまったようです。

 

こちらとしては常に頑張っている彼に対して「頑張れ」とはいえないので、「楽できるところは楽していこう」とアドバイスしても、辞める気持ちが強くなっていた彼を止めることはできませんでした。

 

精神的にきつくてテンパる

客のクレームで精神がやられる

すでにベテランドライバーの彼ですが、物量が3倍近くになる繁忙期は焦って仕事をしていました。

常にプラス思考の男が焦りを見せるほど、繁忙期は荷物が多くて大変だということを物語っています。

 

  • 急な再配達・集荷の依頼
  • 時間指定に配達しても不在
  • サービスセンターからの問い合わせ

上記が彼を追い詰めていきます。

 

「何年も勤めてるのに焦るなんて元々クロネコヤマトのドライバーが向いていないんじゃない?」

 

こうやって陰口を叩くヤツもいましたが、無事故無違反と誤配ゼロが自慢の彼はドライバーの鏡のような存在でした。

それでも出勤時間の改ざん問題があり続けるモチベーションが保てなくなってしまったのです。

給料が少なく残業代が出ない

サービス残業

ヤマトは給料以外の扶養手当など福利厚生が充実しているで福利を紹介しました。

 

これは子供持ちのSDは家族手当が出る分給料は多いですが、子供がいないSDは扶養手当が無いので、激務の割りに薄給です。

同じ年齢、同じインセンティブでも不要の有無で10万円近く給料が違う。

 

例)手取り25万円

妻・子供が2人いるドライバーの給料 → 25万円+6万円 = 31万円

妻のみ → 25万円 + 3万円 = 28万円

同じ作業で2万円も差がある。

 

ですから「仕事がきつい割りに給料が低すぎる」という彼の意見は頷けますし、全社員が同じ意見です。

また、残業代が出ないのもキツイ原因です。センターに帰社しタイムカードを押してから残務をする・・・。

 

完全な違法を平気でやってのける上司や運営人に腹が立つといっていました。

 

スポンサードリンク

SD経験を活かせる大型ドライバーに転職した同僚

ハローワークと転職サイトを利用

元同僚がヤマト運輸を辞めた理由をまとめます。

  • 体を大切にしたい
  • 精神的に追い詰められる
  • 子供がいないと少ない給料

 

給料が少ないなら、たくさん給料がもらえる会社に転職すればいいだけですが、運転手しかやったことのない彼にとって他業種への転職は考えられません。

 

子供はいませんが、40代という年齢を考えるとゼロから仕事を覚えるのは大変です。

しかし、ヤマト運輸での経験を活かして30万円以上稼げる大型トラックの求人を見つけたのです。

 

※ハローワークにも行ったが、ヤマト運輸で働きながらの転職活動を考えると、求人を探しにハローワークに通うより、転職サイトに登録した方が早く求人が見つかる。

 

 

同じルート配送でもヤマトとは比較にならないほど体への負担が少ない配送業はいくらでもあります。

ただどこに求人を出しているのは気付きにくく、応募したとしても一人で面接対策をしなければならず、採用される可能性が低いのが難点。

 

だから面接対策までサポートしてくれる転職サイトを選択したと言っていました。

私みたいにうつ病になってからじゃ遅いです。

「ヤマト運輸のSDはキツイ」と感じるのであれば、今すぐ転職活動を開始してください。

 

【求人を見る】>>大型トラックの求人

 

スポンサードリンク

-経験を活かす
-

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.