ドライバーへの転職

【ヤマト運輸 40代の新人】給与明細をボーナスと一緒に大公開!

投稿日:2019年8月6日 更新日:

これは、クロネコヤマトで働く前に「給料はいくらもらえるのか知りたい!」というアナタに向けた記事です。

 

ヤマト運輸に転職する理由は様々ですが、「たくさんお給料をもらいたいから」というのが一番の理由ですよね。

そこで、

  • 40代、新人の給料明細
  • 基本給
  • インセンティブについて
  • 給料アップに必須のインセンティブを増やす方法

これらを新人時代の私の毎月の給料明細(初ボーナス含む)と共に、給料明細を大公開します。

 

【関連記事】>>大型トラックドライバーで年収600万稼げる?ヤマト運輸と比較してみた

 

※給料・ボーナスともキャリア社員時代の明細。

スポンサードリンク


これがヤマトの新人の給与明細だ

クロネコヤマトの給与明細を公開

それではまず私が新人だったころの給料明細を紹介します(プライバシー保護のため一部にぼかしを入れています)

 

給与明細がグチャグチャなのは気にしないでください(性格が現れてますね・・・)

新人研修時代の給料明細

初めての給料明細

ヤマト運輸に入社して始めてもらった緒給料明細です。

  • 総労働時間 190時間以上
  • 所定時間  170時間以上
  • 超勤A    16時間以上
  • 超勤B    14時間以上
  • 基本給   12万円以上
  • 扶養手当  5万円以上
  • 総支給額  23万円以上

研修メインだっとはいえ、20万円以上のお給料がでました。

前職は10万円台の給料だったので本当に嬉しかったのを覚えています。

 

得に大きかったのが扶養手当。5万円は家計にありがたく妻も大喜びでした

現場に配属後の給料明細

新人の給料明細

続いては現場に配属後の緒給料明細です。

  • 総労働時間 240時間以上
  • 所定時間  170時間以上
  • 超勤A    76時間以上
  • 超勤B    76時間以上
  • 基本給   12万円以上
  • 扶養手当  5万円以上
  • 総支給額  31万円以上

現場に配属直後の給料明細です。

基本給は12万円と少ないものの、集荷インセンティブが3万円を超えたのと、激務のせいでそう支給額は30万円超。

 

そりゃそうですよね。だって労働時間が240時間を越えてるんですから・・・。

初めての繁忙期の給料明細

初めての繁忙期の給与明細

そしてこちらは新人初の繁忙期を乗り越えた給料明細です。

  • 総労働時間 225時間以上
  • 所定時間  170時間以上
  • 超勤A    54時間以上
  • 超勤B    54時間以上
  • 基本給   12万円以上
  • 扶養手当  5万円以上
  • 総支給額  32万円以上

総労働時間は少し減りましたけど、それでも225時間オーバー。

超勤も50時間以上なのでハードでした。

 

この時はまだ新人だったので、荷物は委託さんと協力して配達していました。

その影響で思ったより給料は伸びませんでしたね。

入社初ボーナスの明細

初ボーナスの給料明細

最後に始めてのボーナスです。

  • 総支給額  3万円以上

寸志ですが、もっと少ないと思っていたので予想以上にもらえてラッキーでした。

 

【関連記事】>>「配送業は腰痛がキツいって本当?」気になる労災の話も教えるよ

 

↓新人でも給料30万円可能↓

ヤマト運輸の求人

 

 

スポンサードリンク

基本給とインセンティブに関して

基本給を増やす方法

ヤマト運輸の給料は基本給 + 各種手当て・インセンティブで決まります。この項目は給料の仕組みとインセンティブについて詳しく説明します。

基本給は12万円~

基本給は12万円~

「基本給は12万円・・・」

これがヤマト運輸の基本給で、各種手当てが付いて40代で子持ちの場合、手取りは32万円前後です。

 

【関連記事】>>大型トラックドライバーで年収600万稼げる?ヤマト運輸と比較してみた

 

【手当一覧】

この中で給料アップに大きくかかわる『報奨金(別名インセンティブ)』を増やすには、『集荷』が大きくかかわります。

インセンティブって何?

ヤマト運輸のインセンティブについて

インセンティブは「集荷をするたびにもらえる手当」です。

 

1日一万円を上限として、たくさん集荷すればするほどインセンティブが増えるので、集荷が多い月は給料がアップします。

(20日出勤と仮定して毎日上限の集荷数を満たせば、毎月の給料+20万円の計算)

 

実は配達数にも手当がつきますが、インセンティブ程の手当はつきません。

 

既存のお客さんに荷物を配達するより、新しいお客さんの荷物を獲得する方が大切。

すなわち、集荷を増やせば「ヤマト運輸の利益」が増えるという仕組みに乗っ取ったシステムが、インセンティブなのです。

インセンティブを増やす方法

どうやったらインセンティブがふえるの?

基本給 + 「5万円~20万円」

インセンティブの有無で給料はこれだけ差が出ます。

 

インセンティブは集荷個数が多いほど増える仕組みで、「個人宅の集荷」、「企業での集荷」どちらから集荷してももらえます。

 

もしアナタが配属を希望するヤマト運輸のセンター周辺に企業や工場が多ければ、インセンティブがたくさんもらえるので給料アップは間違いありません。

 

逆に住宅地域は個人宅の集荷があまりないので、いくら荷物を配っても給料は低いままです。

住宅街は「営業」で給料アップにつなげろ

住宅地担当がインセンティブを増やす方法

「住宅地域担当になったらインセンティブが低いから、給料増えないんだろ?」

 

そう考えるのはまだ早いですよ!住宅地担当が給料を増やす方法はありますから。

  • 個人経営者と集荷契約を結ぶ
  • 物販営業で商品を売りまくる(ヤマト運輸の水や花を売る)

 

これでインセンティブは増えます。

ヤマト運輸のサービスドライバーの出世に大きくかかわるのは、配達じゃなく「営業成績」と理解してください。

 

つまり、一般の方に営業をかけて売れれば早く昇進できるんです。

スポンサードリンク

新人でも毎月30万円以上はもらえる

ヤマト運輸は新人でも高給取

ヤマト運輸の給料明細を見ていただきましたが、いかがだったでしょうか?

 

今回お見せした給与明細は、キャリア社員(契約社員)時代のものです。現在は入社時から正社員雇用なので、ボーナスも満額で増すので安心してください。

 

労働時間は平均的な長さですし、残業50時間は平均より少し多いかな?位のイメージです。

繁忙期の給料は平常時とほぼ同じくらいですが、これは委託さんに荷物を回した結果なので仕方ありません。

 

もし全部自分で配ろうとしたら、確実にパンクしてますし、お給料を気にするより安全・正確にお客さんの元へ荷物を届けるのが先決。

 

そうすれば後から給料は上がりますから心配要りません。

 

【関連記事】>>大型トラックドライバーで年収600万稼げる?ヤマト運輸と比較してみた

【まとめ】ヤマト運輸の給与明細の仕組み

給与明細記事のまとめ

最後に記事のまとめです。

  • 給料の支給額は30万円以上
  • 基本給は12万円~
  • インセンティブが給料アップのポイント
  • 住宅地域は営業で稼ぐ

 

入社しても激務ですぐに辞めたくなるでしょう。

しかし、アナタは40代です。辞めても次の仕事はなかなか見つかりませんよ。

 

それより、ヤマト運輸で長く働いて宅急便の配達と集荷にやりがいを見出して、がんばってみませんか?

がんばればすぐに給料アップできるのがヤマト運輸の魅力です。

もしたくさんお給料がもらえたら、家族や生活は大きく改善します。

 

この記事が現在入社を検討中のアナタへ少しでも参考になればうれしいです。

以下の求人サイトから、全国で社員募集をしているヤマト運輸の求人を探せますので、少しでも興味を持ったら応募してください。

 

【関連記事】>>【転職活動はめんどくさい】が招く「3つのリスク」と「行動の重要性」

↓新人でも給料30万円可能↓

ヤマト運輸の求人

スポンサードリンク

-ドライバーへの転職

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.