/*リンクスイッチ*/

円満退社

【転職活動はめんどくさい】が招く「3つのリスク」と「行動の重要性」

投稿日:2019年8月30日 更新日:

転職を考えている皆さんへ

皆さんは、転職活動と聞くとどんな気持ちになりますか?

 

景気がよくなって求人数は増えていても、転職活動するとなると「めんどうくさい」気持ちになりますよね。

「給料もちゃんともらえるし、転職なんかしないで今の会社に残っるのが無難だ」という人が大多数です。

 

しかし、本当は転職したいのに「何もせず今のままでいると」本当に転職したい時にチャンスを逃してしまいます。

今回は、転職活動中にうつ病を再発しかけた40代の私を例に、転職活動の重要性を紹介します。

【この記事の結論】

転職時期を逃すと、ストレスと疲れでいざという時に転職できません。

私のようにうつ病になってからだと、転職活動をする気力すら無くなります。

 

しかし、転職サイトに『登録だけ』しておけば、自分のタイミングでいい会社に転職できます。

↓登録だけで優良求人がメールで届く↓
リクナビNEXT

 

 

まずは転職活動をせずにズルズルいくとどうなるかの説明です。

スポンサードリンク


今すぐ転職活動しないとリスクしかない理由

リスクの説明

今すぐ転職活動をしないとアナタはチャンスを逃します。その理由は続きをご覧ください。

怪我や病気をしたら動けない

「仕事中に大怪我や病気をすると転職活動できない」

 

転職したいのに、「転職活動が面倒くさいから」という理由で怠ったら、事故や病気で体が動かなくなった時に仕事を探せません。

 

例えば、私が以前勤めていたヤマト運輸を例に挙げます。

ハードでキツイと悪評が高い配送の仕事は、いつ事故や怪我が起きるか予測できず、仕事中に命を落とす危険だってあります。

 

それだけじゃありません。配送業は常に人の命を奪う危険と隣り合わせの仕事です。

 

事故を起こした後に、「面倒くさがらず転職活動しとけばよかった・・・」と後悔しても遅いです。

事故を起こしたら数年は刑務所に入ることになります。

 

数年後に社会復帰しても、アナタの転職先は残されていません。

 

ストレスと疲労の蓄積で何もできなくなる

「ストレスと仕事の疲れがたまって何もできない」

まず最初に考えなければいけないことは、ストレスと疲れがたまったら、行動できなくなることです。

 

体が動く元気なうちは何でもできますが、40歳を過ぎたら一日寝たくらいじゃ疲れが取れず、ドンドンたまっていく一方です。

 

その間にアナタが希望する求人が出てたらどうしますか?

チャンスを逃してヤマト運輸でこき使われ続けるだけの、つまらない人生を送るしかありません。

 

転職活動が面倒臭い言い続け、行動しないリスクは計り知れないとよく覚えておいてください。

うつ病が悪化すると転職活動する気力がなくなる

うつ病が重症化すると転職活動する気力すらなくなります。

仕事はもちろん、近所への外出だって面倒で家に閉じこもるようになります。

 

更に自分がやっていることに自信が持てなくなり出社できなくなる。

 

そうなったら絶対転職なんてできません。家族に一生迷惑をかけ続ける未来か、最悪ひとり身になる人生しか残されていません。

 

スポンサードリンク

転職が面倒くさい人の特徴

転職活動を面倒くさがる人の特徴がコチラ。アナタも当てはまりませんか?

今は働けてるから

人は辛い仕事から逃げるのは得意でも、その先の身の振り方を考えるのは苦手です。

中でも転職活動を面倒くさがる人は本当に多い。

 

そして、「転職活動 = 面倒」と感じてる人の多くが

  1. 「辛くても毎日仕事に行けば給料がもらえるから」
  2. 「我慢して続けている」
  3. 「だから転職する面倒くせー

という理由で行動を起こしません。

 

しかし自分を含めたほとんどの人が、今挙げた理由をつけて何もせず、「あー。仕事辛れーよ」って嘆くのを何度も見てきました。

 

面倒くさがって今の状況に甘んじてるから辛いのは当たり前ですよ!

 

そしてもう1つの理由がコチラ。

どんな仕事に就けばいいか分からない

「今すぐ仕事を辞めたいけど、次にどんな仕事に就けばいいか分からないから不安

これです。

 

私は特にそうですが、多くの会社員は自分にできる事が無くて「なんとなく」入社してるケースが多いです。

 

だから「自分に向いている仕事ってあるの?」「何をやればいいか思いつかない」という恐怖で前に進めない・・・。

 

やりたいことが分からない、思いつかないなら「適職診断」がありますけど、あえてオススメしません

スポンサードリンク

適職診断がムダな理由

「自分に何が出来るか分からないなら適職診断がオススメだよ」というサイトをよく見かけますが、適職診断をしてもムダです。

信じない人が多い。特に慎重派の人

「アナタの適職は営業です」

適職診断で言われても、慎重派は「本当に営業が向いてるの?どうせウソでしょ?」

と信じません。

 

特にインターネット上でできる適職診断は、

  • 年齢・経験から条件を探す
  • 数千パターンの情報から近い条件を割り出す
  • 診断結果として表示する

このように入力された情報から無難な結果を出しているに過ぎません。

慎重派の人はこのパターンを何となく読めてしまうので響かないのです。

「適職診断」やるだけやってみたら?

「今後の判断材料の一つにしたい」

という軽い気持ちの人だったら適職診断をやってみるのもいいです。

 

適職診断がムダだと書きましたが、やっぱり自分がこれからどんな仕事に就くべきなのか、少しだけでも知りたいならやってみる価値はあります。

 

ただし、診断結果を信じたらダメです。あくまでも参考程度にとどめてください。

 

診断は以下のサイトでできます。

↓無料でできるリクナビNEXTの↓

グッドポイント診断

適職診断なんて空しいだけ

「結局、診断だけで転職サポートはしてくれないんだよな・・・」

 

誰もが気づく適職診断後の空しさはこれです。

診断はしてくれますけど、その後の転職サポートは誰もしてくれません。

 

「面倒くさいけど動けなって転職しとけばよかったって後悔しくないな」

と少しでも思うアナタは続きをご覧ください。

限界が来る前の行動が重要

「あー、オレの人生終わった」とならないように、体力・気力があるうちに転職活動をしてください。

このままだと、うつ病が重症化してしまう。そう感じた私は3つ道筋を立てました。

  1. うつ病が重症化したら転職活動できない。
  2. 症状が軽い今から求人サイトに登録だけしよう。
  3. 求人があれば面接を受けよう。
  4. うつ病が軽いうちに転職できる!

だからこそ私はうつ病の症状が軽い間に、転職サイトへの登録だけ済ませておいたのです。

 

登録しても面接を受ける必要はありません。

待っていれば自分にあった求人を紹介してくれますから、求人紹介のタイミングで面接を受ければOKです。

 

もう一度書きますよ。

これから紹介する私が登録した転職サイトは、アナタの仕事経験を元に自分にピッタリの仕事を紹介してくれる転職サイトと覚えておいてください。

 

運転中や休日ににひどい「うつ状態」になることがあり、転職活動をする気力が沸かず諦めようかと思いましたが、家族を思うとそんなこと言ってられません。

 

とにかく体調がいいときを見計らって、転職サイトに紹介された求人に目を通すのがポイントです。

 

※求人はアナタが登録したメールアドレスに自動的に送られてきます。

↓オススメ求人がメールで届く↓
リクナビNEXT

 

転職エージェントの特徴

私が利用したリクナビNEXTは、「登録するだけで求人を紹介してくれる」以外にいい所がたくさんあります。

 

めんどくさい履歴書は書かなくてOK

「履歴書なんていらない」

 

転職エージェントは、サイトの入力欄(フォーム)で履歴書を作れます。

つまりパソコンで履歴書作成ができるので、間違ってもすぐに修正できるから本当に便利です。

 

苦労して最後まで書いた履歴書。

あと一歩で完成というところで「漢字ミス」を発見!更によく見ると「学歴を抜かしていた」などで書き直さなければいけなくなったことは1度や2度じゃないはず。

 

転職エージェントを利用すれば、「あー。履歴書書くのめんどくさい!」が一切無くなります。

転職支援実績「No1」の転職サポート

転職実績no1

業界No1の転職支援実績。

私がエージェントを利用した一番の理由はコレです。

 

更に充実の転職サポートが魅力です。

  • アピールポイントの再チェック
  • 転職先企業の特徴
  • 面接書類の添削

いくら自分なりに面接対策をしても、自分の考えた正しいとは限らないので「3ヶ月で転職」の成功には自分をサポートしてくれるプロが必要でした。

 

ですから私の転職が成功したのは、「リクナビNEXTのサポート」があったからこそなんです。

 

完全無料でサポートしてくれる

利用料は完全無料

リクナビネクストの利用は完全無料。

 

つまりタダで転職サポートをしてくれます。ハローワークもタダですけど、求人の閲覧はできても転職サポートや企業情報の細かい開示はありません。

ですから応募企業にあわせた書類作成から面接対策まで全部自分でやらないといけないので本当に大変です。

 

でもリクナビネクストはすべて無料でサポートしてくれます。

 

【まとめ】面倒くさがらず動けるうちに動け

潰れる前に行動を

最後に「転職活動が面倒くさい」人に向けた記事のまとめです。

【今すぐ転職活動しないとヤバイ理由】

  • 怪我や病気、更にになったらストレスで転職活動をする気力がなくなる

【転職活動を面倒くさがる人の特徴】

  • 今は働けているし、どんな仕事に就けばいいか分からない

【適職診断がムダな理由】

  • 信じない人が多いからやっても意味がない

 

上記を元に、現在働いている人を例に出すと

  • 「給料」
  • 「安定性」
  • 「転職先が無い」

 

などの理由で「辞めたい」と思っていても行動に起こさない人が本当に多い・・・。

確かにそのままで給料がもらえるので、ダラダラと勤めてしまう気持ちもわかりますが、いい仕事は確実に逃します。

 

最も楽に転職を成功させる秘訣は、ハローワークでも求人誌の活用でもありません。

実は転職エージェントへの登録が、一番効率が良くて楽な方法です。

 

仕事をしながら求人の紹介・面接の設定をしてもらえるので、心に余裕が持ちながら転職活動ができます。

 

優良な求人がたくさん集まるリクナビネクストへの応募はコチラへ。

スポンサードリンク

-円満退社

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.