/*リンクスイッチ*/

退職ノウハウ

退職を伝える勇気がない人に教える『上司と1度も顔を合わさず辞める方法』

投稿日:2019年10月18日 更新日:

勇気は必要ない

「上司に退職させてくれ」って伝えるのは本当に勇気がいりますよね?

私もアナタと同じく、退職を伝える時は心臓がドキドキして胃が痛くなる思いをした経験があります。

 

特に退職するときは、手続き以上に上司への申し出が苦痛。ホワイト企業ですら、退職のたびに色々考えなきゃいけないので本当に大変です。

 

しかしホワイト企業ならまだしも、ブラック企業の場合、入社は簡単でも退職は難しく、イヤな上司に「辞めたい」と言えないまま、延々と働き続けてしまう人が多いのが現状。

 

そこで今回は、ブラック企業から抜け出せないアナタのために、上司に会わずに会社を辞める方法を紹介します。

 

【この記事の結論】

上司に退職を伝える勇気が無いアナタは、退職届をメールで出してください。

 

法律上メールで退職届を提出しても受理される決まりがあります。

しかし、超絶ブラック企業だとメール退職すらムリ。そんな時はブラック企業に対して法的処置を取ってください。

 

ブラック企業の上司だと、相談してもまったく見当違いの返事しか返ってこず、相談にすらなりません。

つまりブラック企業からの退職は、会社のルールに従う必要は一切ありません

 

だって常識が通用しないブラック企業ですよ?アナタが勇気を振り絞って何を言おうとムダです。

 

勇気など捨てて、イヤでイヤでどうしようもない上司と「一度も顔を合わさずに辞めるにはどうすればいいか?」に全力を注げばいいんです。

スポンサードリンク


上司に退職を伝える勇気がない人が辞める方法

顔を合わさず辞める

上司に退職を伝える勇気が無い人が、どうすれば辞められるのか?その答えはとてもシンプルです。

メールで「退職届」を出して有休消化

メールで退職届を出す

上司に面と向かって「退職する」と切り出す勇気が無い場合は、メールやチャットで退職の意思を伝えても法律上、問題ありません。

 

 

更に「有休消化させてくれ」と書いておけば完璧です!

 

ただし、退職日の14日前にメール or チャットを出さないといけないので注意。

上司の個人携帯番号が分からなかったら、会社用携帯電話にショートメールで退職届を送れば大丈夫。

【弁護士ドットコムより】

【質問】

店長や責任者が多忙な際の退職願をメールで提出することに関して

【解答】

法的には「退職します」であれば(解約の申し入れ)であれば、退職届けとして有効とはいえますが、証拠との関係を考えますと、内容証明郵便で出す方法もあると思われます。

メール・チャットで使える退職届の書き方

退職届の書き方は決まっていませんので例文を載せます。

「体調不良」と記載したのは、「上司と顔を会わせるのがイヤ」な場合の対処方法。

 

※件名は必ず入れるように。

【件名 退職のお願い】

 

●●さま お疲れ様です××です。

私事ですが、この度一身上の都合により退職させていただきたく、メールをいたしました。

 

本来は直接お会いしてお話しなければならないのですが、体調が優れずメールでのご報告になることをお許しください。

※単に辞めたいなら、↑は書かなくてOK

なお、退職日まで有休休暇とさせていただきたく存じます。

 

●●さま、社員の皆様には感謝いたしております。

まことに身勝手ではございますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

氏名(はんこ)

退職届は書面じゃなきゃ認められないって思っている人もいますが、法律上はメールでも問題ないと覚えておいてください。

 

もし上司に「メールでの退職届は不当だ!」などといわれても一切無視すれば大丈夫です。

紙の「退職届」を内容証明郵便で郵送

内容証明郵便を使う

メールやチャットだけでは不安なアナタは、「内容証明郵便」で退職届を郵送してください。

 

これなら退職届を勤め先に送付の証拠を残せますから、「受け取ってない」という言い訳はできません。

 

内容証明郵便とは、「いつ」、「どこで」、「誰が」、「誰に対して」、「どのような内容の書類を送ったか」を公的に証明する特殊な郵便物のことです。

詳細は内容証明-日本郵政をご覧ください。

 

内容証明郵便は証拠が残る便利な方法ですが、発送から到着まで最低1日はかかります。

すると退職日が1日ずれてしまうので、できればメール利用がベストでしょう。

 

退職届の書き方に決まりはありませんので、メール・チャットで紹介した例をそのまま使えば大丈夫です。

報復が怖いなら弁護士に法的処置を頼む

弁護士の退職代行

「退職届が受理されない」はもちろんのこと、「お前が辞めたらどれだけの損害が出るか分かってるのか!?」、「訴えてやるからな!」、「辞めさせないぞ!」

など報復を匂わせる暴言を吐かれて脅される場合は、以下のサービスを利用して法的処置に出てください。

退職連絡から必要書類の送付、退職後のトラブル対応にすべて応じてくれます。

 

なお、どんなに傲慢な会社でも「弁護士から連絡」が来たら従わざるを得ませんので、退職代行は非常に効果的です。

 

退職にあたり、必ず上司と顔をあわせて話をしなければならないという決まりはありません。

ですからメールやチャット、もしくは退職届の郵送で会社を辞めると伝える方法もあると、知ってください。

 

それでも会わないと辞められないというなら以下の退職代行を使いましょう。

 

会社とのトラブルを避けたいなら『弁護士の退職代行』、安く退職代行を使いたいなら『退職代行SARABA』ですが、どちらを使うかはアナタ自身で判断してください。

↓勇気を出さずにブラック企業から退職できる↓ ↓退職代行費用を安く済ませたいなら↓
弁護士による退職代行 退職代行SARABA
【関連記事】>>【ライン1本で即実行】トラブルが怖い『慎重派』に教える弁護士の退職代行 【関連記事】>>退職代行は詐欺?「違法か合法か」ついに決着がついた!

 

以上、上司と顔を合わせずに辞める方法でした。

さて、そもそもどうして退職するのに勇気が必要なのでしょうか?

続いては私の体験談を元に「言い出す勇気が出ない」理由を説明します。

スポンサードリンク

退職を言い出す勇気が出ない原因

なぜ勇気が出ないのか?

「会社を辞めさせてください」と切り出す勇気が出ない人の例を紹介します。

怒鳴る上司が怖い

怒鳴る上司は怖い

怒鳴って脅す上司が怖いのが原因。

 

自分の感情をコントロールできない上司に、部下が心を開くと思いますか?

機嫌よく話を聞いていたと思ったら、次の瞬間にキレられるかも知れない上司に、本音なんて語れませんよ。

 

だから辞めたいって思ったって「怒られるじゃないかなぁ~」と戦々恐々として言い出せないんです。

 

以前勤めていた会社(工場)に「オレは職場で一番の技術者だ!」とおごり高ぶるクズ上司がいて、私はこの上司と一緒に仕事をさせられていました。

 

このクズ上司は偉そうなことをいうくせに、不良品の発生率は工場No1だった。

 

機嫌が悪いと「お前は不器用で何もできないな!」、「オレを見習え!」、「オレを見てみろ。お前なんかより技術力あるだろう?」、「もういい!黙って横で見てろ!」

など心無い嫌味を毎日言われ続け、本当に辛い思いをしました。

 

逆に機嫌がいいときは「仕事で悩んでることはないのか?」など悩みを聞きだそうとしますが、これが逆に本音を語れない雰囲気を作り出しています。

 

厄介なことに、この手のクズ上司は「オレは部下の気持ちを分かっている」と勘違いしていることがとても多い。

 

部下の気持ち・目線になれない上司に「辞める」なんて言えません。

「アイツ辞めるんだって」と噂・陰口を叩かれるのが苦痛

陰口もイヤ

ろくでもない会社ほど噂話が好きなもの。

 

「アイツ辞めるんだってよ」、「なに考えてんだ?」

退職を上司に伝えた翌日から、全社員の見る目が変わり、中には笑いながら私に後ろ指を指す連中もいました。

 

「なぜ辞めるって言っただけで、こんな扱いを受けなきゃならないんだ?」

辞める前は「アイツは使えない」って陰口を叩かれた。それがイヤだから「こんな会社辞めてやる」と辞表を出したのに、今度は後ろ指を指されるなんて・・・。

 

働いても、辞めても文句を言われるから辞めるって言い出せないんです。

 

信頼関係が築ける雰囲気じゃない

そもそも信頼関係など築けない

上司があまりにもヒドくて『信頼関係を築ける雰囲気じゃない』のが原因。

 

「上司さん。オレ、資格を取ろうと思ってるんですが・・・」

「退職します」って言ったら何をされるか分からなかった私は、「仕事を辞めて資格の学校に通いたい」と勇気を振り絞って遠まわしに伝えました。

 

すると、「退職」という2文字が頭に浮かんだようで、上司にこう返されたのです。

「オレがお前に厳しくしてきたのは、お前を仕事上の息子として育てたかったからだ。それを分かってもらえなかったのは残念だ」と。

 

その瞬間、私の頭は怒りでいっぱいになりました。

「は!?今更なに言ってんの?オレのことを息子だって?ふざけんじゃねーよ!」

 

早く一人前になって、お前(クズ上司)から離れたい一心で一生懸命仕事をしていたのに、「お前はダメだ」と罵声を浴びせておきながら、「残念」なんて都合のいい事ぬかすな!

しかも「仕事上の息子だ!?」自分都合で部下を扱うな!

 

私の気持ちを分かってくれる人はいますか?

 

信頼関係すら成り立ってないのに、その場その場で都合のいいことばかり言うヤツがいる職場は、退職の話なんてできる雰囲気ではありません。

スポンサードリンク

【まとめ】退職に勇気がいること自体がおかしい

辞めるのに勇気がいるなんておかしい

最後に、「退職を伝える勇気がない人が上司と会わずに辞める方法」のまとめです。

  1. メールやチャットで退職届を出す
  2. 内容証明郵便で退職届を送る
  3. 弁護士の退職代行に依頼する

この流れで退職は成功します。

 

そもそも退職する社員に「勇気を強いる会社が異常」です。

退職者と従業員の間に良い信頼関係が生まれていたら、このような事態は起きません。

 

アナタは退職を申し出せない上司の下でずっと働きたいですか?

勇気が無いからとずっと仕事を続けても、いずれ体を壊して廃人になります。

廃人になったら「退職」どころか将来だって見いだせなくなりますよ!

 

退職に必要なのは勇気じゃなくて、たった1%の行動力だけ・・・。

行動できないほど疲れ切っているなら、退職代行がアナタを救ってくれます。

 

泣いても笑っても人生は一度だけ。

退職代行を「依頼する」、「しない」はもちろん、「依頼した後の人生」をどうするかは、アナタ自身が決めてください。

↓報復を避けるなら↓ ↓格安での退職なら↓
弁護士による退職代行 退職代行SARABA
【関連記事】>>【ライン1本で即実行】トラブルが怖い『慎重派』に教える弁護士の退職代行 【関連記事】>>退職代行は詐欺?「違法か合法か」ついに決着がついた!

スポンサードリンク

-退職ノウハウ

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.