/*リンクスイッチ*/

退職ノウハウ

「無断欠勤の電話をするのが怖い?」だったら連絡しなくていいじゃんって話

投稿日:2019年9月19日 更新日:

20代の頃、工場に勤めていた私は会社に行くのがイヤで、何日も無断欠勤をし続けたことがあります。

 

皆さんは、会社に欠勤の電話をするのが怖くなるほど、追い詰められたらどうしますか?

社会人なら、会社に欠勤の連絡をするのが常識ですよね。ですからどんな理由であれ職場への連絡は欠かさないほうがいいです。

 

しかし、電話もできないほど追い詰められているなら話しは別です。

今回は、20代の頃の私が『会社を無断欠勤した理由』と、『欠勤の電話をしなくてもいい理由』を紹介します。

【この記事の結論】

安心してください。電話なんかしなくて大丈夫ですよ!

それより【退職代行】を利用して今すぐ会社を辞めてください。

 

 

「一生懸命がんばっているアナタを認めず」、「アナタを行きたくない気分にさせる」そんな会社は今すぐ辞めて楽になりましょう。

 

体調不良(風邪)と言って欠勤すると気持ちが楽になるのを実感した私は、翌日も同じ理由で休みました。

ですが欠勤明けに出勤すると「お前、ホントに風邪だったのか?」と疑いの目で見られます

 

そりゃそうですよね・・・。

出勤したら鼻声の症状すら出ていないヤツが、風邪と理由をつけて休んだら疑われて当然です。

疑われた時はビビッてしまい、額から脂汗が滲み出たのをハッキリと覚えています。

 

その件があって以来、仕事に行くのが更にイヤになり、休む理由を考えながら何日も無断欠勤しました。

 

今回は私と同じ気持ちのアナタのために書いた記事。

まずは無断欠勤の電話についての結論から紹介します。

スポンサードリンク


【結論】会社に「休む」って電話しなくて良い理由

無断欠勤の対処法

アナタは普段からがんばって仕事をしていますから、無断欠勤をする原因はアナタにありませんから、「休む」って電話できないと悩まなくても大丈夫。

一番悪いのはアナタに無断欠勤をさせる環境を作った会社です。

【この項目の概要】

  • 嫌な会社からの信用なんて意味がない
  • アナタは悪くない
  • 社会人の常識なんて考えるな!

会社からの信用なんて必要ないから

信用されなくて大丈夫

「休んでばかりいたら会社からの信用がなくなる・・・」

そんな心配する必要はこれっぽっちもいりませんし、心配しても無意味だから。

 

【よく考えてください】

仮に今の会社に勤め続けて信用を得られる保証はありますか?

アナタ自身が、信用を得たいと思える会社ですか?

 

アナタは、会社に無断欠勤をしなければならない状況に、追い込まれたのです。

そんな会社に勤め続けてもいいことはありません。ですから「信用されなくなる」なんてことは考えなくてもいいです。

 

それよりそんな会社は電話なんかしないで、今すぐ辞めてやりましょう!

 

アナタは悪くないから

悪くない理由

アナタは何も悪くありません。

 

行きたくない会社に「お詫びの電話」をするために、アナタの貴重な時間を割くのはもったいないです。

また先ほども書きましたが、アナタを出社できない状態にした会社に、ずっと勤め続ける理由は一切ありません。

 

ですから、電話する時間があるなら退職代行に申し込んで「会社を辞めたい」と伝えてください。

 

退職代行サービスに連絡すれば、行きたくない会社を今すぐに辞められます(費用は27,000円ポッキリ)

 

今すぐ辞めれば、もっといい会社に再就職ができます。

 

社会人の常識なんて関係ないから

そんなルールは気にするな

社会人の常識・ルールは通したい」というアナタは電話しなければいけないという罪悪感でいっぱいでしょう。

 

でもそんなアナタに一言アドバイス。

「電話なんかするな。社会人の常識なんて忘れちまえ!」です。

 

 

真面目な人ほど、「どんな理由であれ会社を休むのは良くないこと。だから社会人として最低限のルールを守るために、会社に連絡しないとダメだ」と心で考えています。

 

言い方を変えると「電話をすれば社会人としての最低限のルールを守った」という気持ちで心が満たされて、欠勤当日だけは落ち着いて過ごせます。

 

しかし翌朝(正確には同日の夕方)になると、「仕事に行きたくない」気持ちが出て、翌日も翌々日も欠勤を続ける負のスパイラルに陥ります。

 

1つ考えてみてください。

アナタをここまで追い詰めた会社に「社会人の常識・ルール」を示したところで何が返ってくるか?

 

100%何も返ってきませんよ!

少なくとも私が勤めていた工場に、社会人の常識を持った人間は一人もいませんでした。

 

だから今すぐ退職代行サービスを使って「辞めた方がいい」と私は断言します。

スポンサードリンク

なぜ何日も休んだの?

私の欠勤理由

私が勤めていた工場を無断欠勤し続けた理由は4つ。どれも社会人なら必ずぶち当たる壁です。

【この項目の概要】

  • 気分屋の先輩の存在
  • 信用できない上司に仕事を押し付けられた
  • 働き続ける自信がなくなった

仕事を教えてくれない気分屋の先輩

気分屋の先輩

「先輩が仕事を教えてくれず、どうしようもない気分屋で、いきなり怒り出すから怖くて話しかけられなかった・・・」

 

私に仕事を教えてくれた先輩は、機械の調子が悪くなると物を投げる、何もしていないのに私を怒鳴るなど、「発達障害なんじゃないか?」といえるほどオカシな先輩でした。

 

機嫌のいいときと悪い時の境界が全く分からず、急にキレて怒鳴り散らす先輩を前にすると、心臓がドキドキしてしょうがなかったです。

 

更に困るのが全く仕事を教えてくれなかった事。

「ここが分からないのですが・・・」と敬語で話しかけても「そんなの自分で考えろ!」と突き放されるばかりで、仕事に行くのが本当にイヤでイヤで仕方なかったです。

上司が信用できなかった

いやな上司

「先輩が仕事を教えてくれないんです。どうすればいいでしょうか・・・?」

 

自分の辛い思いを分かってもらいたかった私は、ずっと気にかけてくれていた(と勘違いしていた)上司Aを呼び止めて、誰もいなくなった休憩室で相談しました。

 

この上司は工場内で一番信頼を得ている人物で、みんな言うことを聞く権力者だった。

 

私の悩みを聞いた上司Aは「そうか。それは辛い思いをしたな。よしオレがアイツにちゃんと言ってやる」と約束してくれたので、これで先輩も変わる。

 

そう信じて勇気を振り絞って呼び止めたのに、上司Aは先輩に注意をせず、結局何も変わらなかったです・・・。

「上司の存在って?」と考えるうちに、段々と上司Aが信用できなくなっていきました。

 

無理やり仕事を押し付けられた

無理やりやらされた

上司A「明日からこの機械の担当な!」

ある日の夕方、上司Aに担当機械を代われと言われた私は、内心うれしい気持ちでいっぱいでした。

 

その理由は、信用できないと思っていた上司Aが、『私が悩みを相談したことを覚えていてくれての配置換え』だと思っていたからです。

 

でも配置換えの本当の理由は上司Aが、新しい機械の担当を拒んだのが原因で、私が役割を押し付けられたから。

 

当時、勤めていた会社は「やりたくない仕事は他人任せ」、「例え周りが困っていようが見て見ぬ不利をする」クズの集まりで上司Aと先輩もコレに当てはまります。

 

つまりはこういうこと↓↓↓

  1. 上司Aは新しい機械を扱えない & 扱いたくない
  2. 誰か探して仕事を押し付けたい
  3. ちょうど私がいた
  4. 上司Aの変わりに私にやらせる

「オレはやりたくないから、アイツにやらせちまえ!」という考えで押し付けられたんです。

※「気にかけてくれていると勘違いしていた」と書いた理由はコレ↑↑

 

自分がやりたくないからというワガママな理由で、仕事を押し付ける上司A。

本当に信用できない人間でした・・・。

仕事を続ける自信が無くなった

裏切られてやる気が無くなった

上司Aに裏切られた私は、この会社で仕事を続ける意味があるんだろうか・・・?

と働く自信が無くなっていくのを感じました。

 

それから仕事にいくのがイヤになって、最初は体調不良で休むと仮病の連絡を入れていました。

ですが、毎回休むたびに連絡をするのが面倒になっていきます。

 

それだけじゃありません。

電話連絡に罪悪感と恐怖を感じるようになって、無断欠勤するようになりました。

 

「社会人の常識として、電話しないといけないのは分かっている。でも電話するのがイヤだ・・・」これが当時の心境です。

スポンサードリンク

出勤しないといずれこうなる

欠勤をし続けた結果

無断欠勤を続けるとどうなるか?アナタは分かっていると思いますが念のため記載します。

ただし、「会社に電話をする必要は無い」と最初に伝えておきます。

【この項目の概要】

  • 休み癖がつき、陰口を叩かれる
  • 上司に怒られる
  • 虚言癖・うつ病になる

「休みグセ」がつく

休みグセで仕事にいけなくなる

「明日も、明後日も、明々後日も休みたい」

つまり『休みグセ』がついて出社できなくなります。

 

欠勤を続けると働く意欲がどんどん削がれて、ニートに陥ります。

ニートになったら外出すら億劫になり、引きこもりになるしかありません。

 

そうなったら転職活動すら思いどおりにできなくなって人生詰むだけ・・・。

 

出社時に「陰口」を叩かれる

従業員に陰口を叩かれる

「やっときたぜ。アイツ」、「どうせズル休みだろ」と心無い社員が陰口を叩きます。

「根性なし」、「常識を知らないヤツ」と罵るヤツもいます。

 

欠勤明けのある日、誰も教えてくれない機械の調整に戸惑ってい私に、一人の社員が近づいてきました。

 

その社員はあえて私に聞こえる声で、「性格がゆがんでるから勝手に休むんだよな~」と言い残し去っていったのです。

 

「みんなあの上司Aと最悪な先輩の言いなりだ。この会社で働き続けてもいいことは無い・・・」

あの時は本当にそう思いました。

上司が怒る

仕事がとまると上司が怒る

ずっと仕事を休んだら怒った上司が電話しきます。

 

留守電をチェックしたら「お前いつまで休んでんだ!勝手に休むなんてなに考えてんだよ!情けねーと思わないのか!」と上司の怒鳴り声が入っていました。

 

「やっぱり怒られるのは当たり前だよな。でも電話したらもっと怒られるし・・・」

と連絡しようか、このまま放っておこうかと葛藤したのを思い出します。

「虚言癖」になる

うそをつき続けるのが癖になる

「無断欠勤してた理由を教えろ」

最初は「体調不良」、「家の事情」でも会社は認めてくれますが、何度も欠勤が続くとウソをつき通せなくなります。

 

「仕事に行きたくない」という理由だけで休んでいるのに、ウソの上塗りをし続けると虚言壁(きょげんへき)に陥ります。

虚言癖(ウィキペディアより)

虚言癖(きょげんへき)とは、どうしても嘘をついてしまう人間の性質をあらわす専門用語

そもそも会社を休んだ理由は体調不良じゃないので、誰もが納得する言い訳を考えておかなければなりません。

 

まともな言い訳ができないなら「我慢して出勤するか?」、「辞めるか?」の2択です。

 

「うつ病」になる

気にしすぎはうつ病の元

「一番怖いのは『うつ病』です」

 

行きたくない気持ちを我慢して出勤し続けたら、心が耐えられなくなってうつ病を発症します。

 

私はヤマト運輸で働いていた当時『うつ病』になりました。

 

うつ病になっても会社に休職届けを出せば、3日目から傷病手当がもらえます。

ただし、受給期間は最長1年半です。

【厚生労働省HP】こころの病で再休職した場合、傷病手当金を再度支給できる仕組みはあるの?

傷病手当金は、被保険者が療養のため労務に服することができないとき、その労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することが出来ない期間、健康保険から支給されるものです。

支給期間は、同一の疾病又は負傷及びこれにより発した疾病に関しては、支給を始めた日から起算して1年6ヵ月を超えないものとされています。

 

「一年半も休職できたら安心?」確かに安心です。

でも休職期間が終了したら、また仕事に行かなければならないので、何も解決しません。

 

私だって何日も無断欠勤をした経験があるので、ぶっちゃけ無断欠勤が悪いことだとは思いません。

でも、アナタが今の会社にずっといたら同じことを繰り返し、『うつ病』で社会復帰ができなくなります。

 

世の中には毎日出勤したくなるようなアナタに合った楽しい職場がたくさんあります。

ですから、うつ病になる前に今すぐイヤな会社を辞めてください。

 

 

【まとめ】一刻も早く辞めろ!

勤めなくてもいい

最後に「無断欠勤を続けて電話するのが怖い」アナタはどうすればいいかのまとめです。

【電話したほうがいいの?】

  • 電話なんてしなくていい。それより退職代行を使って今すぐ辞めろ!

【管理人の体験談】

  • 無理やり仕事を押し付ける会社の連中が信用できなくなった

【欠勤が続くとどうなる?】

  • 陰口を叩かれ続け、虚言癖、最悪はうつ病になる

 

私は27歳で工場を辞めて転職しました。

 

 

その後、再就職した会社には同世代の仲間がたくさんいて、無断欠勤なんてしたくなくなるほど、充実した毎日を送ります。

 

親切な上司や先輩と休憩中の語らい、仕事が終わった後の飲み会、休日の釣りやバーベキューなど、工場に勤めていた時の暗くて孤独な自分が別人のように思える会社でした。

 

今度はアナタが充実した毎日をおくる番です!

無断欠勤をさせる最悪な会社は今すぐ辞めて新しい人生を歩みましょう。

スポンサードリンク

-退職ノウハウ

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.