クロネコヤマトのブラック企業性

【ヤマト運輸の内部事情】異動してきたセンター長に●●された新人

投稿日:2019年8月8日 更新日:

今回は異動してきたセンター長に「20代の男性ドライバーがパワハラを受けていた」話をします。

 

福岡県小笹市のパワハラ暴行事件は以下を参考に。

【男性ドライバーについて】

  • 名前 C君
  • 年齢 20代
  • 前職 アルバイト
  • 表情 いつもニコニコ
  • ドライバー暦 2か月
  • 家族構成 実家で親と同居
  • 性格 頼まれたら断れない性格
  • 所属 関東某所
  • 担当コース センターで一番大変なコース

 

アナタに質問します。

【アナタが働く現場のセンター長はどんな人ですか?】

部下思いで人望が厚いセンター長ですか?

それとも呆れてモノが言えない程のダメセンター長ですか?

 

人事異動前のセンター長は、部下のミスをかばってくれる責任感と思いやりに溢れるセンター長で、部下やお客さん、近所の方にも慕われる良いセンター長でした。

しかし、新たに異動してきたセンター長は、とんでもなく自己中心的なクズ野郎

【センター長について】

  • 未婚
  • 年齢 37歳
  • 身長 約175cm
  • へそピアスあり
  • 彼女あり
  • 性格 自己中心的

 

色々言いたいんですが、ムカつくのは上司の優先的な立場を利用して、

  • 「オレが一番」と部下を見下す
  • 自分の休みたい日に希望休を取る
  • 一番楽なコースしか担当しない
  • 「使えねーな」と罵声を浴びせる
  • ミスをネチネチ責め続ける
  • 自分の出世しか考えてない
  • 自分の仕事が終わったら部下を手伝わず勝手に帰る

もうね、完全に『やりたい放題』です。

 

更に悪事は続きます。

「もっと楽をしたいがため」に、ワガママセンター長は、最初に紹介した入社半年の新人ドライバーに目をつけました。

 

そしてパワハラ行為を繰り返します・・・。

センター長のパワハラ行為

センター長のパワハラ内容

自己中心的なクズセンター長に受けていたパワハラ行為を紹介します。

自分だけ毎週土日休みで他社員の希望は無視

自分だけ土日休み

37歳のセンター長は彼女と会いたいがために、ほぼ毎週土日を休みます。

  • 土日じゃないと友人に会えないC君
  • 子供が小さく土日は遊んであげたい先輩ドライバー

本当は、みんな週末に休みを取りたいのに、センター長だけがシフトを作る権限を利用して自由に休む。

部下の予定を最優先するのが本当の上司なのに、コイツは全部自分の予定を優先するクズ野郎です。

 

盆暮れ正月は絶対連休。他の社員は全員出勤

自分だけ盆・正月休み

お盆と正月は有給を使って長期休暇をとります。

物量を把握していない & 自分は休みのクセに、「正月は荷物少ないから稼動絞るぞ」と、センター長判断で稼動を絞られた結果、案の定、現場は正月からパンク

 

C君を含めたSDみんな1月1日から大忙しで働いたにも関わらず、正月空けの出勤でパンクした事を知ったセンター長は、

「正月からパンクさせるなよボケ。お前ら新人をもっとフォローしてやれ」

とまるで他人事でした。

毎週水曜日はかならず午前中勤務

毎週水曜は午前中だけ

水曜日は100%午前中勤務

なぜだと思いますか?

理由は、水曜日を午前勤務にすれば、月・火・水(午前のみ)・木・金・土日(連休)にできるから。

体に疲れが溜まる週の真ん中の水曜日は、午前中だけ出勤すれば後2日間の出勤で休みになる。

 

ヒザを痛めながら配達してる60歳近いドライバー、仕事を覚えようと必死で頑張っている20代のC君。

 

しかし、37歳のセンター長は、部下の体調や新人の事にまったく関心を示さず、自分の体のことしか考えてません。

新人に配達数・集荷数が最も多いコースをやらせる

新人の事を考えていない

「新人のC君に一番大変なコースを担当させる」

住宅地コースながら、工場が点在するこのコースは全ドライバーが嫌がるほど大変なコースです。

 

朝の9時半頃までに一定量の配達をしないと確実に不在になる。

それ程、共働きの家が多いです。

 

更に午後に集荷で周る工場は、20kg以上の荷物を20個以上、繁忙期は100個以上も運ばなければならず、積み込みが終わるまで1時間半ほどかかります。

 

異動前から過酷コースだと知っていたセンター長は、「センターのトップとして当然覚えなければいけない立場なのにC君に完全に押し付け」を決める始末。

 

「センター長はあのコースいつ配るんですか?」とベテランドライバーたちが聞いても、

「今度の繁忙期までの覚える」と言うだけ言うくせに一向に覚える気配がありません。

 

楽なコースしか配達しない

自分だけ楽なコースを配達する

「アイツだけ何でいつも楽なコースなんだよ」

 

全コースの配達ができた前センター長から、「ゆくゆくは他のコースを覚えてもらいたいけど、まずはココから」という理由で引き継いだのは、一番簡単なコース。

異動直後は「オレもみんなと同じように配達できるように頑張るから」なんてうまい事を言ってましたけど、フタを開けてみたら覚える気なんて一切無し。

 

こいつはセンターで一番偉い立場を利用して怠けているだけのクソ野郎です。

繁忙期もセンター長だけ閑散期と同じコース割り

繁忙期も割りコース

「みんな繁忙期でコース割り大変なのに、何でアイツだけ通常コースなんだよ」

繁忙期のコース割を決めるのはセンター長の役目ですが、コース割を決定する権力を利用して「センター長だけ閑散期と同じコース」。

 

いつもと同じ楽なコースですから、センターに戻るのも一番。

 

「他コースも手伝うんでしょ?」って思うでしょ?

 

イヤイヤ無理です。だって他のコースを覚えようとしないんだから。

みんな忙しいのに一人だけコンビニで休憩

一人だけ休憩を取る

「バカセンター長の野郎がコンビニで昼寝してるのを見ました・・・」

 

センター長の担当コースにあるコンビニの前を通りかかったC君がこう言いました。

クズセンター長はお昼時になると、毎日コンビニの駐車場でのんきに昼寝しているのを全ドライバーが目撃しています。

 

C君をはじめ全ドライバーは毎日、汗だくで走り回って仕事してるのに、一人だけのんきに休憩するなんて許せません。

他コースを応援しろと言うくせに手伝わない

一人だけ手伝わない

「今日から繁忙期だ。早く終わったヤツは、帰ってきてないコースを手伝えよ!お前らいいな?」

 

とあたかも「いいことを言っている」ように聞こえますが、自分の担当コース以外を覚える気が無いセンター長は、他コースの配達なんてできません。

 

にもかかわらず「早く終わったヤツは手伝え?」なんて話が矛盾してます。

「すみません」って言えば許してもらえると思ってんの?

ミスを許してくれない

クリスマスプレゼントの配達時間が守れずにクレームを受けたC君。

「責任者に詫びの連絡を入れさせろ!」とお客に言われ、動揺しながらセンター長に電話をしました。

 

以下はC君とセンター長のやり取りです。

C君「お疲れ様ですCです。」

クズセンター長「あ?何だ~?」

C君「実は配達時間が守れずクレームを受けまして・・・。センター長に詫びの連絡を入れさせるように言われたので連絡しました・・・」

クズセンター長「何やってるんだよ!こっちも忙しいんだぞ!」

C君「すみません・・・」

クズセンター長「はぁ~~(ため息)。あのな~。お前、すみませんっていたら何でも許してもらえるとおもってねーか?しかもオレもう仕事終わって帰るんだけど。これから飲み会なんだよ」

クズセンター長「お前のせいで遅刻したらどうしてくれるんだよ!」

C君「・・・」

 

「すみませんって言ったらなんでも許してもらえると思ってないか?」

これはミスした部下の責任を取る上司として、絶対に言ってはいけない言葉です

「しかも飲み会に遅刻したらどうしてくれるんだ」この言葉もありえません。

 

C君はセンター長との電話を切って、先輩ドライバーに相談したところ、無事クレーム対応してもらい事なきを得ました。

 

部下たちの苦悩

みんな悩んでいる

ワガママし放題のクズセンター長に「社員はどう思っていたのか?」を紹介します。

部下は限界

 

部下の苦悩

センター長のワガママを我慢しながら、付き合い続ける部下たちはもう限界。

 

どのセンターにもムカつく野郎はいますが、「どうしてこんなクズがセンター長になれたんだ?」と疑問が出るほど自分勝手。

自分の出世しか頭に無く、邪魔者をぜんぶ排除するクソ人間です。

 

何人もの年配ドライバーが口をそろえて「誰かアイツ(センター長の事)に言ってやってくれよ」と反抗を試みましたが、上司の立場にあるセンター長に物を言えるドライバーなんていません。

 

「前のセンター長は自己犠牲をしても部下をかばってくれるし、ミスしても励ましてくれた。本当にセンター長の鏡だった」と皆、口をそろえて言います。

 

その中でも一番かわいそうだったのが冒頭で紹介したC君でした。

元々人手不足が続いていたこのセンターで、センター長が担当するはずだったコースを、無理やりやらされてるんですから。

 

報復を計画

報復を考えた新人

毎日繰り返されるパワハラ行為に限界を感じたC君は、センター長への報復を思いつき、実行します。

しかも、ヤマト運輸内で対策してくれるかをしっかりと調べた上での実行。

 

具体的な対策は【パワハラ仕返し】ヤマト運輸のクズ過ぎるセンター長に退職代行で復讐した話で紹介します。

スポンサードリンク

-クロネコヤマトのブラック企業性

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.