/*リンクスイッチ*/

転職ノウハウ

【アナタはどうする?】仕事を現状維持し続ける『35歳以上の男』に残された未来

投稿日:2020年3月16日 更新日:

現状維持の末路

これは『35歳を過ぎて仕事を現状維持したがる人はどうなるか』を書いた記事。

 

以前の私は、変化を怖がる現状維持人間にも関わらず、自分が一番すごい人間だと勘違いしていました。

【私の勘違い】

  • 給料がもらえればいい。
  • 他人に誇れるスキルはない。
  • 毎日決まった仕事ができればいい。
  • 業務の改善方法なんて考えたくない。
  • 成果を上げなくても年に一回昇給できればいい。

 

アナタは今の仕事に満足していると誇りを持って言えますか?

というのも真剣に将来を考えて仕事をしていたらこんな記事なんて見てないはずです。

 

だから私は言います。

「何となく」給料をもらう生活を続けると、会社が潰れそう・潰れた時に身動きが取れなくなると。

 

【この記事の結論】

仕事を現状維持し続けると、スキルが身につかず転職先が見つからなくなります

今の時代、勤めている会社がいつなくなっても不思議ではありません。

ですから、今すぐに「仕事で楽しいと思えること」を見つけ、アナタのスキルとして伸ばしてください。

 

そのため、普段から「自分の強み」を引き出しながら仕事をするのがベスト。

もし自分の強みを引き出せたら、会社が倒産てもすぐに次の仕事が見つかるから安心です。

 

しかし、私を含めて現状維持する男にロクなスキルも、考える力もありません

ですが厄介なことに、「どうやって自分の強みを見つけるかもわからない」のと、「どうしても自己評価が高くなる」人が多いのが現状です。

 

ということで今回は、35歳以上で現状維持を続ける男の末路と、現状維持から抜け出す方法を紹介します。

スポンサードリンク


現状維持の仕事を満足し続けるとどうなる?

現状維持を続けるとどうなるか

今のままじゃダメだとわかっていながら、現状維持を続けるとどうなるかを説明します。

【この項目の要約】

  • 35歳を過ぎたら転職が難しい
  • 会社が倒産してもすぐに転職できない
  • 40歳ですべてが裏目に出たオレの話

転職限界の35歳を過ぎて何もできない

35歳をすぎても何もできない

「今のまま給料がもらえるだけでいい」と成長を怠けて現状維持し続けると、仕事の選択肢がなくなります。

 

仕事の選択肢がなくなる理由は簡単。

終身雇用が崩壊したとはいえ、いまだに日本は35歳転職限界説だけは、根強く残っているから。

 

 

アナタはどんな職場に行っても誇れるスキルはありますか?

自己評価でのスキルじゃないですよ!

「お前は営業マンに向いてるよな~」とか、他人がアナタを評価するうえでのスキルなので勘違いしないように。

 

  • 営業スキル
  • 対人関係スキル
  • 専門的なパソコンスキル(プログラムなど)

とは言いません

ですが、一つでも他人に誇れるスキルがないと35歳を過ぎて転職しようとしても、ぶっちゃけ転職できないですよ。

会社が倒産してもすぐ再就職できない

再就職できない

会社が倒産したら、35歳を過ぎて何もできないアナタに、再就職先はありません

 

再就職先がない理由は簡単。

まず先に書いたように35歳を過ぎた年齢。

更に、現状維持を好むアナタにはロクなスキルがありませんから、転職限界の35歳を過ぎて新たな仕事に就こうにも、そもそもスキルがなく転職先が見つかりません。

 

だから会社が潰れたらアナタは路頭に迷う未来しか残されていないとういわけ。

今の世の中35歳を過ぎて何もできない男を雇う企業があると思いますか?あるならそれはブラック企業だけです。

40歳になってすべてが裏目にでたオレ

40歳になって感じること

毎日給料をもらう目的で働き続けると、転職しようにもなかなか仕事が見つかりません。

 

スキルアップをおろそかにする社会人は必ず後悔します。

 

アナタは学生のころ、先生に「今のうちにたくさん勉強しとけよ!」と言われたことありませんか?

多くの学生は怠けて勉強しないまま、社会人になって「あの時勉強しておけばよかった・・・」と後悔します。

 

社会人も学生も一緒。

転職・会社の倒産直前に「あの時もっと仕事のスキルをつけとけばよかった・・・」と40歳で後悔しても遅いです。

だから40歳になる前に、今の会社で今後活かせるスキルアップが必須なのです。

 

この記事を書いている2020年現在40歳になった私を例に挙げます。

※今30代前半のアナタも、あっという間に40歳。ですから「オレはまだ30歳と」安心しないでください。

 

これまで仕事に関して深く考えたこともなく、現状維持の楽な道ばかり選んできたことが、今になって『裏目』に出ているのです。

裏目に出る点は以下のとおり。

  • 転職先でやりたいことがない
  • 自分にしかできないことがない
  • そもそも自分にできる仕事がわからない
  • これまでの仕事で評価されるような成果がない

 

今までの経験から30歳を過ぎて家族を持つ身になって、スキル不足は転職と家計に大きく影響すると知りました。

そして40代になった今、「若い時にしっかりスキルを身につけておけばよかった」と後悔しています。

スポンサードリンク

どうすればいいの?

現状維持の対処方法

現状維持を続けるとどうなるかがわかったら、どうすればいいのか具体例を紹介します。

【この項目の要約】

  • 仕事で「楽しい」と感じたことを探せ
  • 自己評価をやめろ
  • 他人のいい所を取り入れろ

過去から「仕事で楽しかったこと」、「できること」を洗い出す

アナタの「仕事で楽しかったこと」と「できること」を過去を洗い出せ!

 

35歳を過ぎてから新しいことにチャレンジすると、習得まで時間がかかります。

ですからチャレンジはやめて、「仕事で楽しかったこと」、「できること」を洗い出すだけで十分。

 

例えば・・・、

  • 聞き上手 → 部下や同僚のモチベーションを上げる役割
  • 細かい作業が得意 → データ・資材の発注管理をする
  • 人に教えるのが好き → 先輩・部下問わず困っている人に仕事を教える

 

特技の洗い出しができたら、今の職場で活かせばいいのです。

どんな小さなことでもいいので、「仕事で楽しかったこと」、「できること」をとことん突き詰めればアナタが活きてきます。

 

しかし、活かせない会社だったら将来を考えてもっと特技が身につく会社に退職すべき。

そんな時は転職エージェントを利用してください。

 

自分の過去を振り返ると、アナタにしかできないことや、特技が自然とわかってきます。

また同時に過去の棚卸ができるというメリットもあるので、「オレに特技なんてない!」と諦めている人ほど、特技の洗い出しは重要です。

今すぐ自己評価をやめろ

自己評価は悪

お前は自分ができる人間だと思ってるだろ。悪いけどオレから言わせたら全然ダメだ。

要するに「自己評価が高い人間ほど仕事ができない」よく覚えておけよ。

これは私は尊敬する先輩に言われた言葉・・・。

 

以前転職活動をした時、ハローワークでも言われました。

私「今まで仕事を頑張ってきました!」

 

ハローワーク職員「いいですか?○○さん。本当に頑張っている人は、自分から頑張ったなんて言いません。頑張ったというのは○○さんの自己評価で、他人から見たら大した頑張りじゃないということを忘れないでください。」

 

このように言われてぐうの音も出ませんでした・・・。

 

自己評価がマイナス評価の原因になる理由は単純です。

「オレは仕事できる」って評価を下した時点で人間として成長が止まるから

 

これは職業別でもわかります。

【自己評価が高くなる職業】

  • 福祉系で働く人
  • 年下としか接しない教師
  • 普段人と接しない工場業務

弱い立場の利用者さんとしか接しない福祉、年下の生徒としか関わらない教師、閉鎖空間で同じ作業ばかりする工場の従業員は、異常なほど自己評価が高いです。

 

他人を見下し続けても、いつか周りに抜かれるだけ。

でも他人に抜かれても、抜かれてることに気づかず「オレすげーから大丈夫」って根拠のない強がりを言うので、なおさら成長しません。

 

だから今すぐ自己評価をやめてください。

他人を参考に自分に足りないところを見つける

自分にないものを他人から探せ

自己評価をやめたら、他人の良いところが見えるようになり、考え方に変化が起きます。

  • 「こんなやり方があったのか」
  • 「オレには足りないところがたくさんあった」

 

こうやって今まで見下していた人のいいところがたくさん見えてきますから、アナタに足りないところを取り入れていけばいいのです。

その際、重要なのは相手の意見を素直に受け入れること。

 

相手が明らかに間違ったことをいう場合は反論してもいいですが、アナタにとってプラスになるアドバイスは素直に受け入れてください。

 

素直に受け入れることができたら、次もアナタに有益なアドバイスをくれます。

常に謙虚な気持ちで自分を変える努力をしてください。

スポンサードリンク

【まとめ】40歳までスキルを洗い出して磨け!

今からスキルを磨くべき

最後にまとめです。

【現状維持で仕事をする35歳以上の男の末路!】

  • 会社が倒産したら働き口が無い。

【現状維持をやめる方法】

  • 今までの経験から「仕事で楽しかったこと」、「できること」を見つける

 

終身雇用と年功序列が崩壊した日本で、これからアナタと私が生き残る方法は、家族を養えるだけのスキルを身に着けること

【日本の会社の現状】

  • 常に人手不足。
  • 真面目に勤めても昇給しない。
  • 会社がいつ潰れるかわからない。
  • 毎日業務をこなすだけだと給料は増えない。

 

「スキルがないオレは今のままだと家族を養っていけない・・・」と未来に不安を抱くのはみんな一緒。

だからこそ、アナタが楽しいと思えることを洗い出して、明確にしなければならないのです。

 

正直、過去を洗い出すのは面倒です。

しかし、今まで面倒だからと仕事を現状維持し続けてきたアナタは、未来のために変わらなければなりません。

 

アナタが洗い出したスキルを武器に現状維持をやめれば、社内や上司はアナタを評価してくれます。もし評価してくれないなら、スキルを活かして転職すればいいだけ。

また、会社が潰れてもスキルを活かした転職先が、すぐに見つかります。

 

要するに会社に残ろうが転職しようが絶対に年収アップするということです。

年収アップしたら「家が買える」、「住宅ローンの支払いが楽になる」、「将来に向けた貯金ができる」、「会社が潰れた時の心配をしなくていい」など、暮らしに余裕が出ます。

 

35歳からでも遅くはないです。

40歳になって「会社が潰れて行くところがない」、「家族の将来はどうすればいい・・・」と途方に暮れる前に過去を洗い出してください。

 

もし、「どう考えても楽しかったことも、オレにしかできないことも見つからない」と言うアナタは、プロに頼んで過去を洗い出してもらえるので安心してください。

 

過去を洗い出すプロとは転職エージェントです。転職エージェントにとってアナタの過去の洗い出しは得意分野。

ですから「オレには何もできない」と諦めている人は転職サイトへの登録をおススメします。

※転職サービスに申し込むだけで担当が過去を洗い出してくれる。

 

スポンサードリンク

-転職ノウハウ

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.