ドライバーへの転職

ヤマトでアルバイトやパートのダブルワークをしつつ正社員へ

投稿日:2016年10月18日 更新日:

ヤマト運輸の正社員になる方法の一つとして、早朝仕分けやメール便の配達員からステップアップするという方法があります。

 

中でもダブルワークで早朝アシストのアルバイトを始めるのが一番いい方法で、このシステムを利用してアルバイトから正社員ドライバーになる人もかなりいます。

スポンサードリンク


ダブルワークでどんな仕事かを見極める

「宅急便ってただ荷物を運ぶだけでしょ?」

そう考える人が未だに多いのも事実ですが、お客様からの集荷や再配達の依頼などなど、ドライバーの役割は多岐に渡ります。

そのためイメージと違ったなど、入社してもすぐに離職してしまう人が多いのも事実です。

そこでオススメなのが現在の仕事をしつつ、ダブルワークでヤマトの仕事を体験しつつ納得した上で正社員を目指すというものです。

※アルバイトだからといって休日が無いということはありません。希望休はきちんと取らせてくれるので安心してください。

スポンサードリンク

早朝仕分けやメール便の配達で内情を知る

それでは具体的に見ていきます。

早朝仕分けで荷物量を知る

毎朝5:30前後に大型トラックで宅急便センターにやってくる荷物をコースごとに仕分け積み込む仕事です。

この作業を行うと、そのセンターが抱えている荷物量や、PP(ポータブルポス)の使い方、配送トラックへの積み込み方法などを知ることができるというメリットがあります。

メール便の配達をしながら道を覚える

サイン不要のチラシを専門に配るのがメール便配達員の仕事です。

この作業を行うと、お客様の住所が分かるようになります。未経験の人がドライバーになって最初に苦労するのが、この住所を覚えるという作業なので、ある程度分かっている人はスムーズに配送できます。

スポンサードリンク

ドライバーに転職したいといってみよう

メインの仕事をしつつ、早朝の仕分け、もしくは仕事が休みのときにメール便の配達をするなどして、ドライバーからの信頼を得ることができれば、転職の成功率がグンと上がります。

ヤマトは一生懸命仕事をする人を応援してくれる会社なので、あなたの活躍が目に留まればそれを評価し、向こうから「ドライバーにならないか」と声をかけてくれる可能性すらあります。

会社としてもどんな仕事であってもまじめに働いてくれる人を雇いたいというのが本音なので、このように早朝のバイトやパート社員になって自分を売り込んだほうが断然得です。

また、面接時も
「今までセンターでメール便の配達をしてました。」や、「早朝仕分けのアルバイトをしながらダブルワークで働いていました。」などヤマトの仕事は完全な未経験ではないということをアピールすることもできます。

仕分けやメール便に応募するには?

各作業の応募は以下の求人サイトからできます。

↓ダブルワークより正社員が有利↓

ヤマト運輸の求人

募集締め切りまでラスト

[ujicountdown id="ヤマトの求人" expire="2019/12/07 00:00" hide="true" url="" subscr="" recurring="" rectype="second" repeats=""]

※履歴書は必要ですが、アルバイト面接になるため、必ずしもスーツで行く必要はありません。

スポンサードリンク

-ドライバーへの転職
-

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.