宅急便ドライバーの日常

宅急便の配達や集荷で見えるお客の本当の姿

投稿日:2017年2月18日 更新日:

配達中に出会うお客さんや、集荷で回る荷主の人たちを見ると、本当はこういう人なんだな~というのが良く分かるということを書いてみます。

 

要するに人間としての本質が良く分かるということです。

スポンサードリンク


不機嫌そうに出てくるお客さん

いつもどおり笑顔でインターホンを鳴らして「宅急便でーす」と声をかけると、ほとんどのお客さんは「はーい」や「ありがとうね」と気を遣って声をかけてくれるのですが、

中には無言で玄関先に出てきて、無言で挨拶もしない無愛想なお客さんもいます。

こちらとしては客商売なので、色々な人がいるというのは認識しているのですが、子供がいる前でもそんな態度なので、将来悪影響が出ないか心配になります。

スポンサードリンク

我侭なことを言う集荷主

宅急便のドライバーは午後になると集荷作業がメインになるのですが、荷主のほとんどは企業様になります。

私はお店の集荷も担当しているのですが、この店の店員の態度が非常に悪く、いつも嫌な気持ちで集荷をしなければなりません。

こっちが挨拶をしても無視だし、受け取りのサインも全然してくれないし、挙句の果てには集荷後に、「また荷物が出たから取りに来て。」と急に言ってきたりします。

相手はお客様だから言うことは聞かなきゃいけないのかも知れないけど、もう少し何とかなら無いもんかな~と思います。

おかげで私はその店に買い物に行くことはなくなりました。

だってさ、こんな態度がわるい店員のいる店で買い物したくないでしょ。

スポンサードリンク

-宅急便ドライバーの日常
-

Copyright© ヤマトに転職してドライバーになった俺 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.